獣医師みんなの知恵・知識を発信 ペット飼い主向けサービス「Vet’s Eye(ベッツアイ)」の提供開始

2018/03/30

リリース

株式会社Zpeer は、2018年3月30日、ペット飼い主向けサービス「Vet’s Eye(ベッツアイ)」の提供を開始します。
 
 
◆ペットの飼い主向け情報サービス「Vet’s Eye(ベッツアイ) 提供の背景

 日本における犬・猫の頭数は、約1,800万頭※2と報告されており、15歳未満の子供の数を上回っています。これにともない、動物の医薬品、健康管理商品、フード、衣料品、ペット共生住宅、レジャー等、ペットの生活を支えるものやペットとの生活をより楽しむための嗜好品・サービスが増加し、市場が拡大しています。ペット関連商品の売上は伸びており、1.5兆円に迫るほどの市場規模であるとの調査結果もあります※3。

 このように、ペット関連商品やサービスが増える中、飼い主は、どれが本当にいいのか?自分のペットに合っているのか?等を見極める必要が出てきています。インターネット上にはペット関連商品の紹介情報も数多くありますが、この中には、アフィリエイトを目的とした情報も多く含まれており、専門的な知識や体験のもと紹介されているものは少ない状態であるといえます。

 Zpeerでは、このような市場環境の中、ペットの飼い主に適正で安心できる情報を提供したいと考え、これまでVetpeerで培った、動物医療の知識、経験、そして獣医師とのネットワークをもとに、ペットの飼い主向け情報サービス「Vet’s Eye」(http://vetseye.info)の提供を開始致します。
 
 
◆ペットの飼い主向け情報サービス「Vet’s Eye」について

 「Vet’s Eye」では、ペット関連商品を専門家である獣医師の目で評価する「獣医師評価サービス」と、飼い主が普段疑問に感じていることに対し獣医師がアンケート形式で回答しそれを公開する「100オピニオン」の2つのコンテンツを展開いたします。両コンテンツとも、従来サービスである獣医師専用のコミュニティサイト「Vetpeer」を利用する獣医師が回答します。今回の提供開始に際し、すでに、日本の動物病院の1割にあたる約1000病院の獣医師に協力いただいています。
 
 
  ●「獣医師評価サービス」概要
 ペットのフード、医療用具、飼育器具、サプリメント等を、獣医師が実際に試用したり、製品の詳細なレポートを閲覧した後に、公平に評価します。そして、評価結果をサイトに公開します。
 さらに、評価製品に対して、「獣医師の●%が推薦」という形でパーセンテージを記載した製品評価ロゴを作成し、それをサイト上に掲載します。この製品評価ロゴは、評価を受けたペット関連商品提供会社が当該商品でプロモーションとして、商品のパッケージやチラシ等で使用することが可能です。なお、製品評価ロゴを使用する場合、別途料金をいただく予定です。

recommendationlogo
 
 
  ●「100オピニオン」概要
 ペットの飼い主が普段悩んでいることや疑問に感じていることに対して、獣医師が回答します。獣医師でもそれぞれ意見が異なる場合があるため、数人の意見ではなく、100名の獣医師の意見を聞き、それを公開するというコンセプトのものです。週に1本コンテンツを公開していく予定です。
 
 

graphexam

 
 
 「Vet」とは、英語で獣医師を指す「Veterinarian」を略したもので、獣医療分野で使われている言葉です。すなわち、Vet’s Eyeは、「獣医師の目」という意味です。専門家である獣医師の目で商品をきちんと評価し、その正しい情報を飼い主に届けたい。それが、犬・猫たちの健康や幸せにつながるとZpeerは考えています。多くの獣医師の協力のもと、飼い主のみなさまと動物たちのより良い暮らしに役に立つサービスを提供できるよう努めて参ります。
 
 
Vet’s Eye : http://vetseye.info
 
 
※1 2018年3月30日現在
※2一般社団法人ペットフード協会「2017年全国犬猫飼育実態調査」より抜粋
※3 矢野総合研究所「2017年版ペットビジネスマーケティング総覧」より抜粋

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

【問い合わせ先】
 担当:吉元さやか
 support@zpeer.info
 03-5843-8534